自宅に薬を常備

>

よく理解してから契約しましょう

契約のトラブルとは?

販売者が契約を強引に断ったにもかかわらず勝手に置いて帰るという契約をめぐるトラブルがあります。
以前医薬品は、特定商取引法でクーリング・オフが出来ませんでしたが、現在は出来るようになりました。
置き薬を契約するとその薬を保管する義務が生じますが、使用しなければ代金を支払う必要はありません。
しかし、勝手に処分してしまうと代金を請求されてしまいます。
置き薬についての法律で、販売員は都道府県知事の許可が必要ですので、身分証明書を携帯しています。
薬箱に入っている書面の連絡先を確認して、きちんと解約をして引き取ってもらう必要があります。
また、はじめは使用した薬の集金のみでしたが、高額な栄養ドリンクやサプリメントを売りつけられることがあります。
認知症予防・関節強化など高齢者の顧客に対してよくわからない理解できていない状態でも強引に置いていくといったケースです。

ビジネスモデルとして

契約した会社に、プラスチック製のリフレッシュボックスの引き出しに、定価100円のお菓子が詰めてあります。
代金箱に代金を入れて購入します。
担当者が定期的に巡回して、代金の回収や商品を補充します。
ポッキーなどのグリコのお菓子以外に他社製品も販売されています。
これは、富山の置き薬をヒントにしたビジネスモデルです。
単価が安く賞味期限も短いため、利益を出すのは困難といわれて苦戦していました。
商圏は半径1kmあたり設置数1800箱を基準としていましたが、設置したボックスの密度や認知度も高まっており、安定的に利益があげることができるようになり、急成長しています。
スタッフは1人1日30カ所ほどのオフィスを巡回します。
企業の消費者との信頼関係によって、代金の回収率などに影響するようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る