自宅に薬を常備

>

日本独自の医薬品の販売方法

置き薬の発祥は?

富山藩第二代藩主の前田正甫は、薬の調合に興味をもち、研究の結果富山反魂丹を開発しました。
300年程前に参勤交代で登城した江戸城で腹痛に苦しむ岩代三春城主の秋田河内守に印籠に入れておいた「反魂丹」という薬を飲ませたそうです。
するとたちまち腹痛が治り、その光景を見た諸国の藩主から各自の領内で富山売薬の販売をして欲しいと頼まれたことが発祥とされています。
正甫公の「用を先に利を後にせよ」という精神のもと、品行方正な両家の子弟によって、各地にくすりが配置され周期的に巡回して服用分のみを集金しました。
「先用後利」は、富山売薬業の基本理念となります。
この時代一般庶民の日常生活は貨幣の蓄積が少なく医薬品は常備することはできず、病気の度に商人から買っていました。
こうした背景の中で、先用後利のシステムは、時代の要請にも合っていました。
薬は利益が大きく、運ぶものが軽いことなども成功の要因といえるでしょう。

置き薬の現在

数十年前に比べると顧客は減少傾向にあります。
原因としては、ドラッグストアや薬局の出店数が増加したことや核家族化で共稼ぎが増えたことで、訪問しても不在であることが多いことなどがあります。
また、一般薬の需要自体も減少しています。
江戸時代から先用後利の考え方をもとに、顧客の信頼を得て、商品知識が豊富な販売員が丁寧に薬の説明をし一人ひとりにあった薬を考えて配置箱にいれていました。
不安を感じたときに相談にのるなど、定期的にコミュニケーションをとることで信用を積み重ねてリピーターを獲得してきました。
しかし現在では、販売員の高いコミュニケーション力としての話術や医療の専門知識などの教育もむずかしくなってきているようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る